FC2ブログ

2014年09月

海渡雄一さん講演会「どこへ行くのか、この国は!? 施行まで2ヵ月、特定秘密保護法を問う」

当会主催の講演会のご案内

海渡雄一さん講演会チラシ


海渡雄一さん講演会
「どこへ行くのか、この国は!? 施行まで2ヵ月、特定秘密保護法を問う」

 戦後日本の「平和」を支えてきた「不戦」の誓いが、いま破られようとしています。集団的自衛権の行使が容認されれば、たとえ望まなくても、「戦争のできる国」へと加速していく流れは、止められません。
 さらに、この12月に特定秘密保護法が施行されれば、政府による情報統制と市民監視、「言論や表現の自由」への抑圧、人々の間における分断と不信感の助長が、いともたやすく行われることになるでしょう。そんな国に、あなたは住みたいですか?
 弁護士として市民と共に秘密保護法の廃止を求める活動を進めてきた海渡雄一さんと一緒に、わたしたち自身と子どもたちの明日を、しっかり考えましょう。

◎開催日:2014年10月19日(日)

◎時間&会場:
10:00~12:00[高岡会場]
 高岡商工ビル 802・803号室(高岡市丸の内1-40 TEL 0766-23-5000)
14:00~16:00[富山会場]
 サンフォルテ 307・308号室(富山市湊入船町6-7 TEL 076-432-4500)

◎参加費:一般 1,000円、大学生 500円(高校生以下は無料)
 ※各会場、同額です。

◎講師プロフィール:海渡雄一(かいど・ゆういち)
 弁護士。第二東京弁護士会所属。
 30年にわたり、監獄内の人権や航空機事故に伴う損害賠償のほか、もんじゅや3.11後の福島原発など原子力問題の訴訟を多数担当し、脱原発弁護団全国連絡会共同代表を務める。現在、日本弁護士連合会秘密保全法制対策本部副本部長として、特定秘密保護法の問題点を訴える。
 近著に、『何のための秘密保全法か――その本質とねらいを暴く』(前田哲男さんと共著/岩波ブックレット/2012年)、『秘密法で戦争準備・原発推進』(創史社/2013年)など。

◎手話通訳付きです。
◎託児サービスあります。事前予約が必要です!
◉利用料:未就学児1人につき300円(当日会場で支払い)。
◉申し込みは電話またはメールで下記へ。
◉必要事項(❶申込者の氏名、❷電話番号、❸子どもの人数と年齢、❹会場名[高岡または富山])
◉申込締切:10月10日(金)
◉キャンセルの場合も連絡ください。 
電話:080-3044-2521(担当:青木)
メール:1019takuji@gmail.com(託児申し込み専用)

主催:特定秘密保護法を考える市民ネットワークとやま
[電話]090-8704-5004(土井)
◎私たちは、憲法、人権、原発や環境問題、女性・子育て・沖縄・歴史認識問題などのNPO活動に関わる個人やジャーナリスト、医師、宗教者、大学講師、表現者、自治体の首長経験者が結集した市民グループです。

フェイスブックページ 
 https://www.facebook.com/considersecrecylaw
フェイスブックイベントも作成しました!
 高岡会場 https://www.facebook.com/events/1472310663048025/
 富山会場 https://www.facebook.com/events/330321643808233/
スポンサーサイト



特定秘密保護法についてのリーフレット作りました

 特定秘密保護法ちゃ何け〜?という富山県人のためにリーフレットを5,000部作りました。当会メンバーの総力を結集して、文案、イラスト、レイアウトを手がけました。
 講演会のチラシと一緒にメンバーが手分けして県内に配布しています。

リーフレット


リーフレット外面
リーフレット

リーフレット中面
リーフレット